イコちゃん好き所長の日記

交通系キャラ(カモノハシのイコちゃん、Suicaのペンギン・コペンギン、Kitacaのエゾモモンガ)好きの弁理士さんがあれこれチャレンジするブログです

010:誰のために書いていますか

 勝間さんの新刊を読みました。

  

この本のなかで繰り返し強調されているのが、

「相手の立場になって離す」ということ。

文章に置き換えれば、「読み手の立場になって書く」かしら。

 

おなじ書評でも、本を読んだ(同じレベルの)人向けに書くのか

まだ本を読んでない(一段下のレベルの)人向けに書くのかで

説明の質・量が変わってきます。

 

このブログでは、本を読む直前の自分に向けて

文章を書こうかと思います。