イコちゃん好き所長の日記

交通系キャラ(カモノハシのイコちゃん、Suicaのペンギン・コペンギン、Kitacaのエゾモモンガ)好きの弁理士さんがあれこれチャレンジするブログです

イコちゃんツイート集(20年11月)(その2)(1034)

 カモノハシの登場する書籍が登場しました。

ぼくのあいぼうはカモノハシ (児童書)

ぼくのあいぼうはカモノハシ (児童書)

 

そんなルフスは、
人間の言葉をしゃべるカモノハシに出会います。
そのカモノハシは、動物園から抜け出してきたと
いい、「シドニー」と名乗りました。
そしてシドニーは、
故郷のオーストラリアに帰るのを
ルフスに手伝ってほしいというのです。 

頼れるようでちょっと間抜けなカモノハシ。

もちろん、お友達になりたいですよね。

取り扱い書店は結構多いので、お子さんへの読み聞かせにぜひ。 

「カモノハシは青く光る」

 イコちゃんの肌が青いのにも、ちゃんとした理由がありました。

さすがはJRのマスコットだ! 

たまに登場する、駅鉄さん自筆のイラスト。

「イコちゃんのぬいぐるみ」のイラストって、かわいいですよねー。

こちらもオリジナルのイラスト?

税の啓発ポスターがありますので、どこかの駅かもしれません。

 (以上は、一度見た記憶があるものです)

 

京阪山科駅、草津駅は、イコちゃん好きの定番スポットです。

和歌山エリアはICOCAの宣伝に熱心。

こういう写真を見ると、行きたいところが増えます。